放射能を浴びた[X年後]

  • X年後公式Facebookページ
  • X年後公式Twitter

【レポート:東京公開・千秋楽の舞台挨拶】

カテゴリー:トピックス, レポート

【レポート:東京公開・千秋楽の舞台挨拶 2015年12月11日】

ポレポレ東中野での千秋楽を迎えた12月11日(金)、予定にはありませんでしたが、急きょ愛媛から駆けつけた伊東監督と、映画の主人公である川口美砂さんが、劇場で最後の舞台挨拶をおこないました!

◆『X年後』上映後の舞台挨拶
2015-12-11 16.21.53

『X年後』の上映後、「ついさきほど、劇場に到着しました…!」と慌ただしく登場した伊東監督。
『X年後』の中で登場人物が語る「国が相手だからしょうがない」というセリフについて、とても矛盾を感じる、と切り出しました。
「国というのは、彼ら(登場人物たち)の国ということ。だから本来であれば、国民のためのものであり、国民の方を向いているはず」にもかかわらず、「命よりも経済が優先されてしまった」。「国レベルの”大きな経済”と、マグロ漁師たちが家族を養うための”小さな経済”の二つが食い違っているところに大きな問題がある。”経済”は、福島でも大きなキーワードになっている」と語り、被害者同士で傷つけあうのではなく、加害者の責任と謝罪を求めることが何よりも大事だ、と語りました。

またアメリカ原子力委員会がおこなった実験データが存在しており、それを入手できれば、データをもとに、何が起きたのか、また福島で今後どのようなことが起こると想定されるのかを論じることができる、と、資料入手への協力を会場の皆さんに訴えました。

◆『X年後2』上映後の舞台挨拶

misak
▲川口美砂さん
“11/21から始まった上映を、たくさんの方が観にきてくださいました。私が一番望むことは、この映画で描かれたように、室戸に限らず全国のマグロの漁師さんたちが、戦後間もなく先の大戦、あれだけひどい広島・長崎があったその海に、恐らく多くの青年、青年の親も戦死して、親兄弟のために一生懸命沖に出て命がけで漁をした…その漁師たちが、なんのことも知らされないままに事件に巻き込まれた…辛かったろうと思います。知らされなかったことは、完全に無いものとされていて、私自身も偶然映画と出会うまで、被害は「第五福竜丸だけ」だと思っていました。
『X年後1』によって、私は「知ることの大事」を学ばせていただいた、そして自ら考え・自ら動く…その力を与えていただきました。
映画を観ていただいたみなさまも、闇に葬られたたくさんの漁師たちの憂い・悲しみを、語り伝えていっていただけたら嬉しいです。”

IMG_4623

▲伊東監督
“いま改めて考えると、もっとも印象にあるのは前作「X年後」登場人物の「国が相手だからしょうがない」という言葉。
――「国」とはなんなのか。「国」=私たちがつくっている「国」を相手にしている矛盾。いくら考えても考えても…いったい「国」はどこを向いているのか。「私たちの暮らしを守る経済」と「国の考える経済」の違い…?いびつな経済原理のもとに、しわ寄せがどこにでているのか…。加害と被害を明確にし、責任と謝罪をきちんと求めていく必要があり、いま私たちが抱える問題もここにつながっているように思う。
「昔の話」ではなく、過去におこった事件だからこそ、きちんと科学的な解明をして、風化も含むメカニズムを明らかにしていくことで、福島のことにもつながる重要なキーワードが見えてくるのではないか、と。
今回『X年後2』では、川口さんという主人公との出会いによって生まれたけれど、これからの上映展開を通して、高知だけでなく、全国各地に聞き取りをする人が増えていき、事件解明に一歩でも二歩でも近づくことを願っています。”

————————————-
おかげさまで、三週間にわたる東京・ポレポレ東中野の上映が無事に終了いたしました。ご来場いただいたみなさま、ご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました!

いよいよこれから、地方劇場展開が順次スタートします。
http://x311.info/blog/theater/

引き続き、地道に着実に津々浦々に届けてまいります!
事件のこと、映画のこと、ともに広めていただけたら幸いです!

▲このページのTOPへ